top of page
background_ホテルシー京都 京都駅 Homecomings_edited.png
現代の社会は一見豊かに見えますが、よく観察すると私たちが気づいていないだけで、実が人生のあらゆるシーンにおいて選択肢の多様性が欠如していると思うのです。私たちは「ホテルとはライフスタイルを試着する場所」であるという考えの元、社会に提案すべき新しい選択肢の多くはホテル空間を通じて体験・発信をすることができると考えています。ホテルを通して、日常に埋もれている不便や不満の根源に向き合い、選択肢の多様性を増やす提案をしていきます。例えば、客室内に設置しているアナログレコードプレイヤーもその一つ。スマートフォンから聴くハイテクノロジーな音楽に慣れている私たちだからこそ、針を落として流れるノイズの混じった音楽に、きっと魅了されることがあると思うのです。アパレルショップでお客様が服を試着するような感覚で、ぜひ当館でレコードやクラフトカルチャーといったライフスタイルを"試着"していってください。その先に、あなたの人生が豊かになる新たな選択肢を生み出すことができれば幸いです。
HOTEL SHE, KYOTOがある東九条というエリアは、観光地とは反対側に位置することもあり、あまり陽の当たらない歴史を歩んできた場所。しかしながら同時に、地元の人がじっくりと歴史を積み上げてきた、資本の手が加えられていないリアルが残る場所でもあります。そんな東九条が「京都の辺境」と呼ばれるのであれば、HOTEL SHE, KYOTOはそこに人の流れを生み出し、文化が湧き出るオアシスでありたいと考えます。ここで働くスタッフは、様々なバックグラウンドを経てこのオアシスにたどり着きました。そんな私たちだからこそ「ホテル」という枠を飛び越えて、まだ誰も知らない宿泊体験を創造しています。共通しているのは、人と話すのが好きなこと。チェックインのとき、アイスを選ぶとき、遊びに行く前の計画を練るとき、いつでも話しかけてください。スケジュール通りに進行していく旅もいいけれど。最果ての旅のオアシスで、予定不調和な出会いを私たちはお待ちしております。
bottom of page